家庭環境が理由で風俗のアルバイト情報を確認して働き始めたという女性のお話

家庭環境が理由で風俗のアルバイト情報を確認して働き始めたという女性のお話

親のせいで仕方なく風俗で働く若い女性が増えてきています。そういった女性たちはどうしてそんなに働かなくちゃいけなくなったのか、説明しましょう。

「親のせいで風俗求人で働くようになった」21歳のAさんは、親が体を悪くしてしまって、自分が生活費を稼ぐしかないと思い風俗嬢になりました。

でもどんどん風俗という世界にのめりこんでいって、最初は嫌々働いていたけど、2年後には自分から進んで週5で仕事をするようになって、大金を稼ぐようになり、親も不自由な生活を送っています。

18歳のBさんは、親がスナックをしていて、父親はニートで毎日毎日家でお酒を飲む生活をしていて、こんな家出てやる!という事で風俗に住み込みで働くようになりました。

もちろん毎日のように仕事をしていたので、月に100万は余裕で稼ぐ事ができるようになりました。どこからか親にその情報が漏れてしまって、親は18歳の娘のお金をあてにするようになりました、スナックで働いていた母親も生活費のために仕事をしていたのですが、自分が稼いだお金は全てブランドものに使ってしまったのです。

また、父親は、お酒を飲む量が増えて、ぐだぐだになってしまったそうです。結局18歳から仕事をし始めて、自分のためではなく親のために働くこととなったのです。

いろいろ悩みを抱えて風俗嬢になる子ばかりなので、いざ働いてみると、相談相手になってくれたり、話の合う子が近くにいるち、それだけで自分のストレスがなくなっていくと思うので、良い仕事だと思いますよ。

親のために働かないといけないという人は、風俗という仕事も頭の中にいれておいてはどうでしょうか?事務職やコンビニのアルバイトよりは稼げますよ。